<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

トレフェスin有明7の戦利品②

前回からの続き。
トレフェスの戦利品紹介です。
原型師さんやその他関係者さんの敬称略で行きます。

トレフェスin有明7の戦利品②
前回からの続きで4つめ行きます。ドーーーン!
d0188338_1183193.jpg

まねきフルット
出典:『木曜日のフルット』石黒正数(2010年週刊少年チャンピオン)
原型:KIMA(LISASAYS(リサセッズ))(*1)

とぼけた猫『フルット』を中心としたまったり系ギャグ漫画『木曜日のフルット』より、まねきフルット。
原作漫画から飛び出したかの如く、とぼけた原作の持ち味を完全再現。
早いとこ組みたいのぅ。


5つめはコレ、ドーーン!
d0188338_1192334.jpg

雪子姫
出典:『Dororonえん魔くん メ~ラめら』永井豪(ダイナミック企画・天地協定)
原型:内嶋靖浩(essence.)

おぉうっ!アニメテイスト、似てる、可愛い!実によい品に仕上がってます。
問題は自分に組めるかどうか?ま、頑張ります。
あとキャラ設定に忠実なフィギュア化の為、**がXXって○○になっており…<以下、不適切発言を5行ほどカット>…、しかし展示用の組立フィギュアはかわいいのぅ~。


どんどん行きマス6個目、ドーーン!
d0188338_1110361.jpg

犬走椛
出典:『東方風神録』ZUN(2007年上海アリス幻樂団)
原型:ゆーた(GLEMO)

もともとオリジナルデザインが存在いない為、様々なアレンジ造形される椛。
通常の二次創作と異なり、ゆーたさんの造形はかなりおしとやか。
霞の向こうにいるような、色白な作例は、まさに『幻想』の世界の少女。
パール系の塗料で色白に仕立てれば行ける気がするが、これまた塗装スキルの試される一品。


東方続きます。ドーーン!


No Picture!
(写真撮り忘れました。→原型師さんのページの写真へ)

上白沢 慧音
出典:『東方永夜抄』ZUN(2004年上海アリス幻樂団)
原型:唯坂 功(zoukei style)

作例はかなりフラットなアニメ塗りだったので、結構いけるかな?とか思ってる。
一部パーツの抜きが甘いので、やすりとペーパーでエッジを立たせて……。
う~ん、創作意欲がわいてきた。
因みにデジオンは慧音は本人よりBGMの方が好き。



補足
(*1)当日は『RUM KANDIS』にて委託販売
[PR]

by digion-mcac | 2012-05-28 00:00 | イベント情報 | Comments(0)  

トレフェスin有明7の戦利品

2週間たってからのレポかよ……。
読み手側としては当然の発想。

平日は色々忙しくて……。
書き手側の言い訳。

それでも今回はやっとここまでこぎつけた!

トレフェスin有明7の戦利品
まずはコレ。はいドーーン!
d0188338_1046654.jpg

『GODZILLAレプリカ-背ビレ-』
購入場所:国立歴史民俗博物館 ミュージアムショップ(千葉県佐倉市)

平成ゴジラシリーズに使われたゴジラの着ぐるみの背ビレのレプリカ。
つまり『ゴジラ(新版)』(1984年東宝映画)で作製されたゴジラの原型を元に、東宝特美スタッフによって作成された物(らしい?)。
けっこう高かったが、購入できて満足な品。


はい次。ドーーン!!
d0188338_1049222.jpg

『ハニワ(ぬいぐるみ)』
購入場所:国立歴史民俗博物館 ミュージアムショップ(千葉県佐倉市)

人(踊り子)と馬型の典型的なハニワをぬいぐるみ化したもの。
色の再現は絶妙。(良い意味で)適当に作られており、とぼけた表情は秀逸。


……はい、ゴメンなさい。
どちらもトレフェス会場の戦利品ではありません。

上京ついでに行った千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館での購入物です。
まぁ自分にとっては、どちらもトレフェスの戦利品なので、勘弁して下さい。
というわけで、戦利品紹介は次回に続く。


因みに、Wikipediaの記事では、『ゴジラ(新版)』(1984年東宝映画)の撮影用着ぐるみが展示されてる旨記載されてるが、ウソ。
現在は撮影用着ぐるみレプリカ模型(新規造形物)が展示されてる。
だれかWikipedia直しておいて?
[PR]

by digion-mcac | 2012-05-20 11:06 | イベント情報 | Comments(0)  

トレフェスin有明7、お疲れ様でした。

トレフェスin有明7、終わりましたねぇ~。
名東創活団としては二回目、一年ぶりのトレフェスでしたが、無事出展することができました。
戦利品やらフォトレポートやら、色々書くことはありますが、まずは……。

トレフェスin有明7、お疲れ様でした!
イベントというものは、スタッフ・ディーラ参加者・一般参加者による三位一体の活動でして、何事もなく閉会までこぎつけたのは、かかわったすべての皆さまの努力の賜物です。
私は楽しめました。皆さまはいかがでしたでしょうか?
上記の如く、書くネタは色々ありますが、取りあえず重要なことから書いていきます。

①謝辞とお詫び
弊ディーラのジオラマ模型シリーズをお手に取っていただいた皆さま、ならびに写真撮影された皆さま、ありがとうございました。
おかげさまで【新作】さっぽろテレビ塔は、早々に完売となりました。
もっともこちらは弊方の手違いで数が用意できず、ちょっと心苦しい結果となりました。
次回(ワンフェス2012夏を予定)においては、それなりの生産体制を整えますので、ご容赦の程を。

②業務連絡<円筒タンクご購入の方へ>
トレフェスin有明7にて頒布しました円筒タンク(緑)において、一部、組立説明書の同封されていないヴァージョンがあります。
下記リンクよりダウンロード願います。
名東創活団仮設電脳支部

③雑多な感想
1)ワンフェスに比べ規模が小さいのがいいですね。全部回れるし。
2)でもスタートダッシュはどうよ?
3)ほいで怪獣が無いのもどうよ?あぁ今の時代に怪獣は不要ですか?そうですか……。
4)今回は美少女フィギュアを何点か購入。積みフィギュアにはしたくない……。
5)フォトレポートしたいなぁ~。カメラしょぼいけどな。
6)福岡タワーがラインナップにないとの指摘、ショックでした。S.H.モンスターアーツがスペゴジ押してるの知ってたのに……。ちなみに福岡タワーのペパクラは下記サイトにあります。
ペーパークラフトメーカー
みんなで組もう!



今回のイベントで、ことのほか多くの方に見守られてることがわかりました。
ご期待に添えるよう、毎回新作出せるよう精進精進。
因みに本年度は実在する建築物に注力していきます。
今後とも名東創活団をよろしくお願い致します。
[PR]

by digion-mcac | 2012-05-06 11:01 | イベント情報 | Comments(0)