<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

服部時計店製作記③

前回の続き。
先のワンフェス2012冬などで参考展示していた服部時計店。
キット化するに当たり、もう一度スケールを考え直すことにしました。

服部時計店製作記③~スケール編~
まず多くの方がご存じないと思うので、服部時計店のデータを。(*1)
【屋上までの高さ】
100尺(30.3m)
【時計塔までの高さ】
130尺(39.4m)
【外壁】
岡山万成石(上部)・朝鮮万成石(上部)
【構造】
2065坪の敷地に地下2階・地上7階をもち、屋上には直径8.5尺(2.6m)の時計を掲げる、近世復興式のビルディング。

続いて、模型に用いられるスケールを色々調べて見た。
使えそうなスケールを下表にまとめる。
d0188338_1125596.gif


シリーズとして考えるとNo.1の1/500が望ましいが、作品の完成寸法が小さすぎ。
ジオラマとして考えると、No.の1/150が鉄道模型とコンパチで使い勝手良さそうなるも、大きすぎるきがする。
かくてビッグサイトやテレビ塔のスケール考えた時と同じ設計思想に基づき、バンダイの初代ゴジラのソフビのスケール(No.3の1/327)を参考に、No.2の1/350と仮決定。(*3)

ではいよいよ製作開始?

注釈
(*1)Wikipediaより詳しい。我ながらよく調べたもんだ。
   ちなみに出典は『建築雑誌 昭和7年7月号』。より詳細を知りたければ図書館にダッシュ!
(*2)初代ゴジラのフィギュア自体は様々なスケールで発表されているが、自分が持っていないので、ここでは判断材料から除外した。
(*3)作り始めると止まらないので、アイディア・要望ある方はコメントください。
   ちなみに参考展示品は尺をそのままmmで読み直してました。
[PR]

by digion-mcac | 2012-03-18 00:00 | ペーパークラフト | Comments(2)  

服部時計店製作記②

前回の続き。
如何にすれば服部時計店をキット化できるか?

服部時計店製作記②~課題への対策編~
ちなみに、課題は以下の2点。
 ①外壁に縦に走る柱っぽい構造物
 ②屋上部の軒
をどうすればペーパークラフトキットとして成立させられるか?
d0188338_18204239.jpg

で、ちょっと考えてみました。

①一辺1~2mm程度の角柱
上図現物は加工性(切削性)のよいスチレンボードを幅1~2mmで切出し、表にタイルパターンの印刷された壁紙を貼ってます。
ペーパークラフト化するにあたり、ここを筒状に折り曲げた角パイプにするわけですが、どうしたら折れるか?

さて、困った時のホームセンター。
何かいいものはないものか?

で、見つけたのは一辺1~2mm程度の角材。
コイツを同封し、コイツに壁紙を巻きつけるように壁紙を折ってもらう。
最後は1mm程度ののりしろで接着して柱にしてもらう。

難易度は、名古屋テレビ塔における、本体上部の折り曲げ及び組立作業+α。
ん?なんか無理ではない気が?

②屋上部の軒
本体の外壁から1~2mm飛び出す軒。厚みはやはり1~2mm。
おや、そういえば東京ビッグサイトの屋上の屋根(ヘリポート周りの三角形)は、3mm飛び出しで厚みは2mm。
d0188338_215948.jpg

あれ?実績あるじゃん。なんか行けそうな?
[PR]

by digion-mcac | 2012-03-10 00:00 | ペーパークラフト | Comments(0)  

服部時計店製作記①

去るワンフェス2012冬にてキット化の要望大きかった『服部時計店』について。
当日は『キット化にはクリアすべき技術的課題が2~3ある』とか言い訳してました。

では技術的課題とは何か?どうすればキット化できるのか?
ちょっと考えてみました。

服部時計店製作記①~技術的課題編~
ずばりデジオンの言う技術的課題とは、擬洋風建築の再現です。

下の写真をご覧いただきたい。
名東創活団が、しばしばブースにて参考展示している服部時計店の建築模型です。
d0188338_18204239.jpg

このレンガ造りの洋風っぽい建築を『擬洋風建築』と言いますが、ポイントはゴシックっぽいゴテゴテとしたディテールにあると(デジオンは)思ってます。

このゴテゴテ感は、①外壁に縦に走る柱っぽい構造物と、②屋上部の軒によるものです。(*1)

いづれもキット化すると、①は一辺1~2mm程度の角柱、②は厚み2~3mm程度の板となります。
一品モノとして、設計者のデジオンが作りこむ場合は何も問題ないのですが、キット化して不特定多数の人に組立方法を説明し、かつ組立ててもらうのは、かなりツライものがあると考えています。(*2)

さて、どうしたものか?
ちょっと考えた結果について、次回へ続く。

注釈
(*1)もちろんレンガとレリーフ等の彫刻もありますが、パターンの印刷にて再現可能です。(現物参照)
(*2)キットとして提供すること自体は、送電鉄塔や名古屋テレビ塔の実績より、可能と判断してます。
[PR]

by digion-mcac | 2012-03-03 22:00 | ペーパークラフト | Comments(0)