<   2011年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

メイキング オブ ペーパークラフト

さて今回はメイキングです。

折り目線ありの切り出し済みの親切設計ペーパークラフト(*1)は、GRAPHTEC社製小型カッティングマシンCraft ROBOで製作してます。
d0188338_72678.jpg

Craft ROBO自体は、この道では結構メジャーな商品らしく、イベント会場でのお客さんの反応は『あぁアレね』という感じ。
ググっても、結構出てきます。

いやホント、凄いんですよこの機械(コ)。


手順① CAD図を用意する。(検討図→部品図)
Illustratorでされる方が多い中、名東創活団ではCADを使います。
d0188338_7311521.jpg

スケールモデルを作る場合の寸法編集はイラレの比ではありません(*2)。
この段階で、すでにCraft ROBOの位置合わせ用トンボ(後述)を入れてます。
また折り線と切り線と模様も、それぞれ別レイヤで作図します。

ちなみに使用しているのはJw-cad
フリーソフトにもかかわらず、CADの基本を踏まえ、安定しており、使いやすいすぐれもの。
なおJw-cadは2次元です。3次元CADではありません。
正面-側面-上面の3面図から、力押しで展開図を展開します。


手順② 印刷用模様データの作成(塗指示図)
ビッグサイトのタイルやガラス窓、送電鉄塔の赤白塗装は印刷で処理しています。
ここではPhotoShopを使用し、ペーパークラフトの模様データを作成します。
d0188338_7405471.jpg

実際には、PhotoShopはCADデータ(dxfファイル)を読み込めないので、dxf→pdf(AdobePDFプリンタ経由)→psdという三段変身で対応してます。

色は綿密なロケハンや資料(*3)、ノリと勢いで決定します。けっこう試行錯誤(*4)します。


手順③ 切り線データの作成(加工出力図)
手順①で作製したCAD図からCraft ROBO用の加工データを作ります。
d0188338_7471119.jpg

Craft ROBOは、専用の操作ソフトROBO Masterで動かしますが、このROBO Masterは何故かdxfファイルを読み込めます。
なので、この手順は読み込んで終わりです。

さてROBO Masterは無駄に高性能(*5)です。
・位置合わせ用トンボで、印刷した絵や模様と切り線をシンクロさせれる。
・切り線の色を変えると、個別に切り出し命令が出せれる。
・刃の押しつけ量を調整できるので、ケガキと切断が使い分けれる。

模様と切り線をシンクロさせれるのも、Craft ROBOの位置合わせ用トンボ機能さまさまです。
紙厚を【薄い】にすることで折り目線を、紙厚を【厚い】にすることで切り線を加工できます。
手順①で折り線と切り線のレイヤを分けた理由はココにあります。


手順④ 出力
最後にPhotoShopの塗指示図をやや厚めの紙に印刷し(*6)、Crafto ROBOで切り出して終わりです。
d0188338_7535563.jpg

送電鉄塔や名古屋のテレビ塔などの、幅2mmのトラス部品さえ綺麗に切り出してくれます。
d0188338_824266.jpg

またこの時、三角形のゴミが大量にでます。(*7)
d0188338_85344.jpg
ところでこのCraft ROBO、切り抜き時の作動音がものすごくうるさいです。
何とかなりませんか、GRAPHTECさん?


解説
(*1)でものりしろ幅は1.8mm以下の極悪仕様。
(*2)球の展開図も作れました。これによりコンビナートシリーズの球状ガスタンクも夢ではありません。
  またスケールモデルの場合は、建築用の立面図などから主要寸法を割り出してます。
(*3)ビッグサイト製作時には二度、名古屋テレビ塔製作時には三度のロケハンを敢行。
(*4)紙の色(成形色)の選定とも絡みます。
  ビッグサイトの場合、脚部のガラスの色の決定が難航しました。
(*5)こんだけ活用しておいて何ですが、何のため、誰のための機能ですか?
(*6)ただの自慢ですが、印刷にレーザープリンタを使用してます。
  だからホラ、水分でにじまないでしょ?(イベントで作品を購入頂いた皆様へ)
(*7)これを『美し過ぎるゴミ』と呼んでいる。
[PR]

by digion-mcac | 2011-06-05 08:08 | ペーパークラフト | Comments(0)