カテゴリ:徒然( 9 )

 

明けましておめでとうございます!

d0188338_2322874.jpg

[PR]

by digion-mcac | 2015-01-01 00:00 | 徒然 | Comments(0)  

【廃線探訪】名鉄美濃線~関駅-新関駅~③

今回で最終回。

【廃線探訪】名鉄美濃線~関駅-新関駅~③

d0188338_21202937.jpg
d0188338_2120218.jpg
新関駅跡を前に、川が立ちふさがります。
旧美濃線の橋は撤去済みです。
そういえば、架線用の支柱も撤去済みですね。

d0188338_21273459.jpg
新関駅跡を東側よりのぞむ。
無駄に広い軌道跡は退避線やポイント切り替えやら色々あったのでしょう。
在りし日の姿を想像するのも、廃線探訪の醍醐味です。←イイこと言ってますが、ウラをとってないだけです。

d0188338_21313410.jpg
新関駅跡です。
駅舎とホームの状態は、結構いいものでした。
ちなみに新関駅跡の駅前広場はバスとタクシー乗場に転用されています。
微妙に使われてるようです。

d0188338_21331172.jpg
新関駅跡の西端。
軌道跡は封鎖され、踏切は撤去され……
d0188338_21332074.jpg
それでも線路は西に向かって延びていきます。岐阜市徹明町駅まで。

これ以上歩くのは面倒名残惜しいですが、ここらで切りをつけようと思います。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

取材日:2013/10/6
[PR]

by digion-mcac | 2013-10-25 00:00 | 徒然 | Comments(0)  

【廃線探訪】名鉄美濃線~関駅-新関駅~②

前回の続き。
関駅の南にある、妙に長細い空き地。
旧名鉄美濃線の廃線跡を新関駅跡まで歩いていきます。

【廃線探訪】名鉄美濃線~関駅-新関駅~②

d0188338_21347.jpg
あ、これ知ってる。勾配か何かを表すやつだ←なにも知らん発言。

d0188338_2151849.jpg
廃線跡は住宅地をぬって延びてます。
道幅を拡げる気も、何かに再利用する気は無いようです。

d0188338_2165599.jpg
d0188338_2164693.jpg
あ!踏切跡だ!
警報機も遮断機もないけど、線路が残っていればデジオンはテンション駄々上がりです。

d0188338_2172466.jpg
謎の看板。
こんなところで耕作を企む方がいるのでしょうか?
いるんでしょうね。

新関駅跡まであと少し。
次はいよいよ新関駅跡です。
[PR]

by digion-mcac | 2013-10-18 00:00 | 徒然 | Comments(0)  

【廃線探訪】名鉄美濃線~関駅-新関駅~①

今日は趣向を変えて、廃線跡探訪です。
目標は岐阜県関市にあった旧名鉄美濃線の関駅。
ココから隣の新関駅まで歩いていきます。

【廃線探訪】名鉄美濃線~関駅-新関駅~①
では始めましょう。
出発は長良川鉄道-関駅。
d0188338_20424896.jpg
昔はココに名鉄がいたそうです。
d0188338_204343100.jpg
ココは名残。

関駅前の道を南下すると
d0188338_20475831.jpg
関駅西口の案内板。
名鉄美濃線は廃線ですが長良川鉄道の関駅は健在です。

d0188338_21103559.jpg
カメラを90°振ると、車道に不自然な埋立跡が。
おそらく踏切の跡(写真中央の歩道のブロックが明らかに新設)でしょう。
もっとも、警報機や遮断機の跡は確認できませんでした。
警報機マニア・遮断機マニアであるデジオンには不満が残ります。

d0188338_2054329.jpg
道渡った西側。
明らかに廃線跡です。燃えてきました。
このまま隣の新関駅跡まで歩いて行くとしましょう。

ではその②に続きます。
[PR]

by digion-mcac | 2013-10-13 00:00 | 徒然 | Comments(0)  

日本のてっぺんでみよう! メイキング・オブ・東京スカイツリー(R) ~ようこそ、天空の建設現場へ~

ご無沙汰してます。
名東創活団は当分出展予定なし、次回新作を作る作る詐欺中です。

そんな中、ちょっと面白いイベントがあったので、ご報告。

日本のてっぺんでみよう! メイキング・オブ・東京スカイツリー(R) ~ようこそ、天空の建設現場へ~(*1)
チョットしたご縁から、(社)北海道建築士会 宗谷支部さまから声をかけていただき、弊サークルのペーパークラフト『さっぽろテレビ塔』が上記イベントにて展示されました。

2013-09-15 スカイツリー展

写真4枚目です。
主役のスカイツリーに対し、同スケール(*2)の東京タワーそして弊『さっぽろテレビ塔』です。
さっぽろテレビ塔147m→東京タワー333m→スカイツリー634mなので、実に4倍以上の体格差。
来場した子供たちにスカイツリーの大きさを実感してもらう為、末席ながら並んでます。ウチの子がんばってます!(*3)

イベントに来てくれた子供たちに、スカイツリーの凄さを感じてもらえれば幸いです。

補足
(*1)自分はスケジュールが合わず、現物を拝みにいけませんでした。
   ウワサではあのテレビ父さんも来たとか。並んで写真撮りたかったなぁ。
(*2)1/500です。つまりスカイツリーは1.2mということになります。デカイです。
   日ごろワンフェス会場などでスカイツリーのリクエストされる皆様、コレが答えです。
(*3)これにより名東創活団一の出世頭です。
[PR]

by digion-mcac | 2013-09-15 21:16 | 徒然 | Comments(0)  

電波塔を探して-後編-

いよいよ後編にして完結編です。
名東創活団のお送りするペーパークラフト『電波塔(小)』は果して実在するのでしょうか?
d0188338_0161247.jpg

電波塔(小)



電波塔を探して-後編-
d0188338_16352674.jpg

千葉県佐倉市栄町13丁目
NTT東日本 佐倉

京成電鉄佐倉駅から東を望む。
ありゃまこりゃま、塔本体の形は曲線を排した直線構造でドンピシャなのに、アンテナ台が3→2と減ってしまった。
赤白のパターンも違うし。
ヨシ最後行ってみましょう。


d0188338_16545499.jpg

愛知県鶴里町柿野
三国無線中継所

三国山山頂の展望台からの眺め。
アンテナ台は3つ、塔本体は曲線を持たない直線構造、ついにペーパークラフトに一致かと思いきや、あぁ今度は色が無い!
あっはっは……、あちらを立てればこちらが立たず、上手くいかないもんですなぁ。


まとめ
いかがでしたでしょうか?
東奔西走しましたが、ペーパークラフトそのものはありませんでした。
でも、日本全国津々浦々、よく似た電波塔があることは分かって戴けましたでしょうか?
だからきっと、あなたの街にも電波塔(小)はあるはずです。
探してみるのも一興ではないでしょうか?

追伸
……単純に電波塔(小)の銀色バージョンを出せば、三国山の電波塔を再現出来ますね。

また三国山のモノを除けば、みんなNTT関連のモノでした。この事実は私デジオンにとっても意外でした。なんか規格でもあるのかしら?
「知らねーのかよ馬鹿だなぁ~」と思われた方は、是非ご一報の程。

あと、全国の電波塔を見ていただけば分かりますが、みんなパラボラアンテナがついてます。
ウチのキットには入ってないので、自作してつけてやってください。

因みに、ゴジラをはじめとした怪獣が電波塔(小)タイプの構造物を破壊してるところを、
デジオンは見たことがありません。
すなわち怪獣人形に並べて遊べるという、ジオラマ模型シリーズの趣旨に反しています。困ったもんだ。
結構カッコイイ塔なんで、だれか破壊してくれねーかなぁ……。
[PR]

by digion-mcac | 2012-07-22 14:00 | 徒然 | Comments(0)  

電波塔を探して-中編-

前回の続きです。
明確なモデルは存在しなくても、いつかどこかで見たことのあるモノたち、それをフォローするのが『名もなき日本の原風景編』。
今回はその中の『電波塔(小)』について、いつか見た“どこか”を探しに行きましょう。

電波塔を探して-中編-
まず初めに、ジオラマ模型シリーズの電波塔(小)です。
d0188338_0161247.jpg

電波塔(小)


それでは、日本全国津々浦々、電波塔探しの旅に出発です。


d0188338_18564464.jpg

大阪府大阪市浪速区難波中2丁目
NTT関西ネットワークセンター浪速ビル

大阪市日本橋と言えばオタクやってると何となくニヤケてしまう場所ですが、そこに建ってるのがこちらの電波塔。
今日も西日本のオタク連中に毒電波を流してます。
形をみると、特徴は押さえつつも飾りがさみしい、寸胴なやつ。
まぁはずれではない、くらい?
次行ってみましょう。


d0188338_1514049.jpg

香川県香川市観光通1丁目
NTTコミュニケーションズ 四国営業支店 高松ビル

琴平電鉄瓦町駅駅前広場からの眺めです。
アンテナ台の数が3つとなり、また塔本体は裾広がりとなって、大阪のモノに比べてだいぶペーパークラフトに近くなりました。
あとは赤白のパターンとか、塔本体の曲線がまだ違うかな?
次行ってみましょう。


d0188338_15205941.jpg

長野県長野市南石堂町1304
NTTコミュニケーションズ 長野支店石堂ビル

JR長野駅駅前広場からの眺めです。
ついにアンテナ台のパターンが上から赤-白-赤となり、ウチのペーパークラフトと一致しました。
塔本体の曲線は香川と同じで、まだペーパークラフトとは違うかな?
もう少しです。

つづく

[PR]

by digion-mcac | 2012-06-30 17:00 | 徒然 | Comments(0)  

電波塔を探して-前編-

『ジオラマ模型シリーズ』にはいくらかのサブシリーズがあります。
『名もなき日本の原風景編』は、どこかにはあるけど具体的にココと断言できない、そんな名もなき物たちを取り扱うシリーズです。
今日のテーマは、『名もなき日本の原風景編』の中の『電波塔(小)』についてです。

電波塔を探して-前編-
先のトレフェスin有明7において弊サークルの電波塔(小)をご購入下さった方が、早々に組立てられ、さらにはブログにて紹介して下さいました。
d0188338_0161247.jpg

ジオラマ模型シリーズ-名もなき日本の原風景編-
電波塔(小)


そこで下記のコメントが寄せられてます。
  ―これはどこの電波塔なの?

確かにどこでしょうね?
設計者がそんなこと言うな!ってお叱りを受けそうなので、ひとつモデルを探しに行きましょう。

<つづく>
[PR]

by digion-mcac | 2012-06-23 00:00 | 徒然 | Comments(0)  

【名古屋テレビ塔】来るべき時が来たようです。

来るべき時が来たようです。

名古屋テレビ塔
今日はペーパークラフトの話ではありません。
名古屋市栄セントラルパークにそびえる本物の方の話です。

こちらは先日撮影したテレビ塔。(*1)
d0188338_16262812.jpg

はい、頭頂部の耳状のアンテナ(*2)が撤去されてます。
東京タワーにも、さっぽろテレビ塔にも存在しないこのアンテナこそ、名古屋テレビ塔のアイデンティティーである。
そう思っていた私にして見れば、だいぶ寂しく感じられます。

撤去の理由は、地デジ化にともない不要となった為。
建設当初の姿に戻す為。

ただでさえ、赤白ではなく銀一色、腕も看板もないシンプルな塔が、輪をかけてシンプルになる。
シンプルなものこそ美しいと信じる私にとっては、信条側に転がったので、いいんですけどね。

でもやっぱり寂しいなぁ~。

注釈
(*1)夕暮れ時に撮ったので、幻想的な色になりました。CGによる色彩補正も入ってます。が、本来は美しい白銀色です。
(*2)スキューアンテナと言うそうです。
  因みに公式サイトの写真も差し替えられてます。
[PR]

by digion-mcac | 2012-06-09 00:00 | 徒然 | Comments(0)