【新作紹介】ツイン21(小)

最近はTwitterでの簡易告知ばかりだったので、久方ぶりにブログの方を更新です。

【作品紹介】ツイン21(小)
d0188338_19411305.jpg

大阪ビジネスパーク(以下OBP)と言えば、1980年代以来矢継ぎ早に高層ビルを建設した、まさに超高層ビル街の西の横綱。
80~90年代特有のスタイリッシュなビルが林立してます。カッコいい~!

d0188338_19411875.jpg
d0188338_19414066.jpg

ツイン21はその中でも1986年竣工の最古参。
OBPのサイトによれば『日本最初の本格的ツインタワー』とのこと。ホンマかいや?(*1)
一見、高層階は牛乳パック二つ並べたかのようなシンプルなシルエットなれど、低層階・アトリウムは60°の四角錐台(*2)を基本とする斜に構えた構造を取り入れることで、全体としては他の追随を許さぬオリジナリティに富んだ仕上がりになっている。
これぞ80年代クオリティ!

特撮的には、90年正月映画No.1『ゴジラVSビオランテ』(1989年東宝映画)において、ゴジラ撃滅の切り札=ANEB弾(*3)を権藤一佐が命懸けで撃ち込む現場となるなど、これもう聖地でしょ?

さてキットの方は、例によって建築図面と再三の現地取材を基に、実物のツイン21を1/1000で完全再現!
複雑なアトリウムももちろんついてます。
まぁ形状の再現を優先したため、個々のパーツが複雑怪奇になっちゃったのはゴメンナサイ。

なお本キットは先の新宿編と同スケールにしてあります。
ぜひ並べて見てください。
新宿に対して二回り小さいことが実感できます。

注釈
(*1)だって新宿第一生命ビル&H.R.東京 (1980年竣工)の方が古いじゃん!
(*2)正確に言えば、アトリウムは四角推台ではなく方解石型。
(*3)抗核エネルギーバクテリア。ゴジラ体内の核物質のエネルギーをゴジラより先に吸収するバクテリア。これさえ撃ち込めば、ゴジラはガス欠になって倒れるハズだが……?

[PR]

by digion-mcac | 2017-01-23 00:00 | ペーパークラフト | Comments(0)  

トレジャーフェスタin有明15 >>