【作品紹介】新宿センタービル

6/22(日)@都産貿のAK-GARDENに向け、現在、頒布物準備中です。
今日は、その中の新作『新宿センタービル』を紹介します。

新宿センタービル(小)
d0188338_0495762.jpg
新宿の超高層ビル群の中で、独特のテクスチャー=三角柱の凹凸でオリジナリティを輝かせる新宿センタービルが、名東創活団のジオラマ模型シリーズに堂々のラインナップ。
スケールはもちろん、『(小)』が示す通り『1984年の新宿決戦編』のスタンダード1/1000!

パーツ
d0188338_213643.jpg
今回のポイントは、外壁分割ラインを従来の二面(L型)から一+三面(|+コ)に変更したこと。
これでパーツの取り違え防止と組立精度向上を図ります。


こだわりの無駄ディテール①
d0188338_21582084.jpg
ヨロイ窓は完全再現。
外壁のココア色とか、芸術的過ぎる^^^(三角柱のパターン)とか、結構、再現できた感じです。
本当は三角柱で構成したかったですが、1/1000ではそれもかなわず、泣く泣くトリックアートで表現してます。


こだわりの無駄ディテール②
d0188338_2254836.jpgd0188338_2253921.jpg四面とも窓のパターン違います。
・・・なので組立てミス防止の為には、上記『パーツ』で記載の通り、一+三面分割方式が重要になります。

お手軽ジオラマ①
d0188338_2263310.jpg
新宿三井ビル-京王プラザホテル間からのショット。
写りこむであろう損保ジャパン本社ビル(奥)と新宿三井ビル(手前)がゲスト。


お手軽ジオラマ②
d0188338_22102840.jpg
ゴジラと並べてみた。
スケールから逆算すると、このゴジラで100m相当。やはり新宿の超高層ビルはデカイ。

(※)本稿は、一部、ツイートを再編集しております。
[PR]

by digion-mcac | 2014-06-14 22:28 | ペーパークラフト | Comments(0)  

<< AK-GARDEN【6】お疲れ... AK-GARDEN【6】 >>